株式会社サマリー / 採用情報
株式会社サマリー / 採用情報

株式会社サマリー / 採用情報

株式会社サマリーではミッション・バリューに共感しプロダクトを通して 世の中に洗練された体験を届けたい方を募集しています!

社会をより豊かにするサービスの開発に、ともに挑戦してみませんか? 精鋭ぞろいのチームの中で熱意を持っていっしょにサービスを育てていってくださる方のご応募を心待ちにしております。

image

🌎 Our Mission

サマリーが目指す世界

テクノロジーで「所有」のあり方をアップデートする

本や音楽やお金がデータとして管理できるようになり、世界はより便利になりました。

もしもすべての「モノ」がデータとして扱えるようになったら?

サマリーは、そんな世界をつくりはじめています。

⚔ Our Values

ミッションを実現する2つの「武器」

UX オリエンテッド

「世界中のどんな人でも簡単に使えるサービス」を目指して、洗練された体験を提供するためにプロダクトを磨いています。

この考え方はプロダクトのみに限定されることなく日々の業務においてもすべてのチームとレイヤーで “体験” を向上させることを大切にしています。例えば、業務の中で資料の確認を依頼する際には、確認してもらいたいポイントを記載したり確認してもらいたいページへのリンクを載せたりすることで相手の体験を意識しています。

高速 PDCA

サマリーが掲げるミッションに、過去の正解例はありません。

データアナリストチームの設置やデータリテラシー向上の研修なども含めデータや数字という定量、そしてユーザーの声という定性のファクトに徹底的にこだわり、課題に対する解決策はアジャイルで検討から実施しています。1年で100件以上もの細かな改善を地道に積み重ね、ユーザーへの提供価値を高め続けています。

📱 サマリーポケット事業

ユーザーの持ちモノをクラウド化し、新しい所有のスタイルを提供するプラットフォーム

「サマリーポケット」は、手元にある今使わないモノをデータ化してお預かりし、あなたの生活を快適に便利にアップデートする収納サービスです。実物を手元においておくのではなく、スマホを通じて手元で管理することで、まるで四次元ポケットのように便利にモノを所有できる状態を提供します。

将来は、所有権とモノを分けて管理できるようにすることで、預けたものを貸し出せるようにしたり、より効率的に販売・換金できるようにしたり、所有を様々な形でさらに進化させていきます。

📦 プロジェクト内容

ビジョン実現に向けて推進している各プロジェクト

image

サマリーポケットプロジェクト

直接エンドユーザーの目にふれるサマリーポケットのインターフェイスを改善していくことを中心としたプロジェクトです。ユーザーの新規獲得や既存ユーザーの利便性を高めるための施策を実装しグロースさせることを目的としています。

得られたデータやユーザーの声からファクトに基づいた施策を実施し、ユーザーへ提供する価値を追求し高めています。

image

倉庫管理システム(WMS)プロジェクト

自社で運用している倉庫内にて、お預かりしたお荷物を撮影・管理するシステム (WMS: Warehouse Management System) の改善・機能開発を行っていくプロジェクトです。

日々倉庫内では、お荷物を詰める箱の梱包・配送やお荷物の着荷・撮影・保管・出荷などを行っています。箱単位およびお預かりしたものを一点単位で管理しているため、倉庫内での作業は大切に慎重に行っています。これらの作業を正確に素早く、そして効率的に行えるようにソフトウェアの面でも現場の作業員の方々を意識した操作性・作業負荷軽減・処理速度の向上を行い改善を進めています。そして IoT の活用による庫内生産性のダッシュボード化や機械学習の活用によるアイテム分類の自動化などの機能追加も行っています。

🔆 エンジニア文化

快適性への追求

「ユーザー体験の最適化」を至上命題としてサービス開発を行っており、直感的で使いやすいサービス設計が利用者から評価されています。インタラクションの心地よさ、レスポンス速度、安定性、信頼性など、すべての点においてユーザーが得られる体験を最大化し、すべてのレイヤーでよりよいUXを考えることを追求しています。

開発に対する考え方

プログラミングやデザインへの強い探究心を持ち、常に手を動かしながら、よりよいプロダクト開発を行うための体制づくりに取り組んでいます。デザインやコードのレビューは必ず実施。要件を満たすだけの開発ではなく、ユーザビリティ、パフォーマンス、メンテナンス性、スケーラビリティといった非機能要件が現在のフェーズにおける基準をクリアしているか、チームで確認しています。

チームの枠を越えた活躍

バックエンドおよびフロントエンドの開発にも広げているモバイルエンジニアがいるなど、弊社の開発部門ではバックエンド・フロントエンド・モバイルなどの領域に留まらず、本人の希望をベースに他の領域にも広げて活躍できます。

💻 働き方

フルリモート

すべての社員は等しく情報を取得できる権利を有していると考えており、誰もが時差なく同じ情報を取得できる取り組みを徹底しています。

  • 社内 Slack ほぼオープンチャンネル
  • Notion に事業計画の細かなシナリオなどを共有
  • Notion に各部署ごとのナレッジ・ノウハウ・マニュアルを作成

オープンなコミュニケーションによってフルリモート下においても部門を越えて積極的に協力し合っています。

なお、弊社は恒久的にフルリモートを継続することが決まっています。

社内交流

リモート下でも社員同士の交流も促進しており、現在は下記の取り組みを導入しております。

  • キックオフ(半期に 1 度)
  • まぜご飯(隔月実施、他チーム交流)
  • 月末ゆる会(任意参加のオンライン飲み会)

社員の提案により新たな取り組みや部活動を検討することも可能となっています。

居住地

フルリモートで働けるため、関東のみならず関西・東海・九州など全国さまざまなエリアで弊社社員が働いています。

フルフレックス

コアタイムはなく、自身がパフォーマンスを高められる自由な働き方が可能です。子どもがいる社員も送り迎えなど、育児とのバランスをうまく取りながら働いています。

image
image

🎯 目標設定とフィードバック

半期または四半期ごとに全社・チーム・個人の順で OKR を設定しています。チーム OKR の進捗を隔週で共有することで、会社全体での状況把握と連携を高めています。

個人 OKR の Key Results で設定した内容を中心に、個人での振り返りおよびピアレビュー(同じプロジェクトに携わったメンバーなどからのフィードバック)を実施しています。これらを元に本人と上長で次の成長へ向けて会話を重ねています。

🏅 評価制度

各等級における役割と昇格要件が明文化されており、それらに基づいて評価および昇格を判断しています。

各等級ごとに期待される役割とそれに対する達成度を確認し、個人 OKR の達成度と実績および会社の業績を加味して次半期の給与・等級を改定します。公平かつ公正に、メリハリを付けた評価を実施しています。(年2回実施)

💖 福利厚生

資格取得支援制度

会社が対象にしている資格について入社後に受験し合格した場合、受験料を全額会社が負担する制度です。

書籍購入補助

読了後に内容と感想を社内 Slack にシェアすることを条件として、ビジネス書や技術書の購入費用を1万円 / 月まで会社が負担する制度です。

サマチップ(ピアボーナス制度)

Uniposを使用してメンバー同士が感謝や賞賛をリアルタイムに送り合える制度です。

  • 「ありがとう」「頑張れ」「頑張ったね」が当たり前に言える文化を作るため、個々の結びつきが強い「サマリーらしさ」に溢れる組織を作るために導入しています。
  • 毎週一定のポイント数が付与され、実際に多くの社員はポイント数を使い切ってしまうことが当たり前なほどです。
  • 受け取ったポイントは Amazon ポイントや iTunes / Google ポイントなどに変換することができます。

事業理解支援

ドッグフーディングを目的に、サマリーポケットの利用無料枠を付与する制度です。

🌿 チーム紹介

image

募集職種

📊 データ解析

Pages
Notes & details
  • We're using the quote block to create the fixed navbar instead of an ID, so it should work out of the box, but that means you can't really use the Notion quote block anywhere else throughout this template. Thinking of better ways to go about this!
  • The navbar & footer are global Notion blocks, meaning if you edit the ones on the template home page, it'll carry the changes over to the rest of the site